上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- ------ l スポンサー広告 l top
フレッシュの12話を見て思ったこと。
何故、オヤジィ!達が変身している娘達に気付かなかったのか?

確かに大幅に髪型が変わっている桃キュアさんや蒼キュアさんはともかく、パインさんは髪の色が違うくらいで、声とかでわかりそうな感じがします。
そこで推論を立ててみました。


プリキュア≠人間 説


簡単に言うと、クローバタウンでプリキュアを認知している人達は、プリキュア=人間だと考えていないのではないか?ということ。

私達のような、テレビでプリキュアを多方面から見ている視聴者は、人間がプリキュアに変身している姿を見ている為、「何で、娘が変身しているのに気付かないんだよ!」とツッコミたくなります。だって声同じだし、髪の色がちょっと違うくらいだろ?なわけで。
ただクローバータウンの人達は、いきなり現れた超人的な強さを持ったプリキュアさんを見ているわけで……蹴りで怪物(ナケワメーケ)をぶっ飛ばしたり、超ジャンプしたり、謎光線を発したりというおよそ人間には出来ない芸当をプリキュアさんはやってるわけなのですよね。だからとてもじゃないけど、人間が変身しているなんて考えを持てない。どちらかというと、怪物や敵さん、それにプリキュアですら、宇宙人か何かの類で見ているんじゃないかな、と思うわけです。

そう考えると、3話の山吹さんが、プリキュアに変身した二人を見て、声を聞いても気付かなかったのもある意味納得できるかな、と思えます。

逆に考えると、一話でプリキュアに変身していた桃園さんは、プリキュア=人間の公式が成立してたんだと思う。ただ桃園さんはそこまで頭が良くないだろうから(オイ)、無自覚にだろうけど。
なので、二話でプリキュアに変身している蒼乃さんを見抜けたんじゃないかな。
まぁ、変身前と変身後で結構変わってる蒼乃さんを見抜けたのは、この考え以外に、桃園さんはやたらと直感やいんすぴれ~しょんが優れているのも要因として挙げられると思うけど。桃園さんは咄嗟の機転は利きやすいですし。

以下伏せ字↓
また、山吹さんがパインに変身した後、「ブッキー!」と呼んだから二人が変身しているのに気付いた、のもあるけど「山吹さん自身が変身した=人間がプリキュアに変身している」という公式が瞬時に組まれたことも、二人がプリキュアに変身していることに気づけた要因なのかな、とも考えてます。

このような考え方は、ウルトラマンとか、仮面ライダーとかにも割と通用するんじゃないかな?超人的なパワーを持ってたら、よもや人間が変身してるなんて思えないだろうし。
スポンサーサイト
2009.07.07 Tue0325 l フレッシュプリキュア! l コメント (0) トラックバック (0) l top
ゲホゲホッ……凄いな、終始笑い通しじゃないか、今回は!!
桃園さんのお父さんが、カツラメーカーなのはこの話をやる為だったのだろうか?それにうまく山吹色のオヤジィ(の獣医というポジション)も絡めて、父親達の話としては、上出来なのでは?桃園さん達(蒼乃さん除く)との父娘エピソードとしてもあり、フレッシュギャグ回としては一番面白かった気がする。

以下要点を↓
~今週の桃園さん~
桃園さんは父親に対して、不満を抱いてました。それもその筈、小さい頃から、父親の開発したカツラの実験台をたくさん被せられて、もうイヤ!な心境になっていたのです。
しかし、プリキュア(他者目線で)として、父親の別の側面を見たことにより、少し考えを改めることに。うんうん、お父さんも面白がってやってたわけじゃないんだよね。

~今週のオヤジィ~
開発していたカツラをワメーケに変えられて、一時ですが、プリキュアを助けることに。
我が子のように大切にしていたカツラに対し、非力ながらも立ち向かう!その勇姿、剋目せよ!
その粋なオヤジィ!に感化され、プリキュアさん達もその頑張りに応え、ワメーケを撃退!ただその反動か、川に落ちてしまう。
そこでカツラ開発のオヤジィ!は気付いた!
「そうだ!耐水性がなかったんだ!!」
オヤジィ達は今日もたくましくカツラ開発に従事するのだ!そうとも!!オヤジィ達の戦いはこれからだ!!!

~カツラ達~
ウエスターさんが大量に出したカツラ含め、今回は見覚えのあるモノがちらほら。先代の雪白さん似のカツラとか、情熱の人とか、ガ〇キングとか、今回はスタッフ達にとっても遊び回なのかもしれない。

~今週のラビリンス~
今週はウエスターさんでした。何でも他二名と比べてFUKOゲージの成績が芳しくないらしい。そんなバカな!!出てくる度に驚きの知性を披露するサウラーさんならともかく、やってることに計画性のない、小規模なイースさんに負けてるなんて……(0w0♯)ウソダ!ジェッタイウソダ!!
そんな事情もありウエスターさん、他の二人からありがた~い(笑)助言をしてもらいました。
そしてウエスターさん、労働に勤しみながらも、FUKOゲージを上げるネタを掴みました。
思い立ったが吉日、即有言実行!ウエスターさんはタウンの人々の髪をカツラに変えてみました。しかし、タウンの方々はカツラになった髪を見て笑いだす始末。(*゚Д゚) アレ?
ならばともっとだ!とやるものの……FUKOどころか、KOFUKUになるばかり……ナジェダ!!!
そして、とりあえずワメーケ片付けとくか、なノリでプリキュアにワメーケを倒され、もう帰るしかありません。
「ズラかるか……」
カツラだけにな(笑)今回のウエスターさんはお笑い方面に特化してしまったらしい。お気の毒に……
そして屋敷に帰り、同僚二人のいびりを受けFUKOゲージを見るものの……ゼロ。その事態にウエスターさん発狂!
「FUKOだ~~~~~!!!」
今回はウエスターさんのFUKOが追加されただけでした。オチを完璧につけてエンド!もう一般社会人として労働に従事しちゃいなYO!!
2009.07.06 Mon0235 l フレッシュプリキュア! l コメント (0) トラックバック (0) l top
プリキュア稼業で予定外の時間ロスがあるプリキュアさん。なので、ダンスレッスンに遅れることもしばしば。しかし、ダンスレッスンをするミユキさんも時間をとって、ダンスを教えているわけで……遅刻やたらとする桃園さん達に、ミユキさん喝!「もうダンスは教えない!」
これには桃園さん達も愕然!ヤバイ……これはもう謝罪会見をするしかない!(え
ですが、ミユキさんの狙いは別にあった。ダンスに対して本気だからこそ桃園さん達に厳しく接していたのでした。だからこそ遅刻することが許せない……ふーむ、とはいえ時間を守ることは社会人になったら当たり前のことにもなるので、そういった意味でも時間を守れ!と言っているのかもしれない。どちらにしても時間を守れ!というのは、視聴者にも伝わったかと。
ただ当の桃園さん達は……
「はい、もう絶対に遅刻はしません!」by桃園さん
オイオイ……そういう絶対とかいう言葉を簡単に使っちゃダメだと思うんだ……せめて善処しますとかにしとかないと。プリキュア稼業は唐突にやってくるものだぜ!
桃園さんに「善処する」という言葉が脳内辞書にあるかどうかわからないけど(オイ

その他↓
~今週の東さん~
桃園さんの友達のフリをして、桃園さんのFUKOを絞り取る作戦でした。やってることが小っさすぎて、涙が出てくる(つ∀`)かなり愉快な思考をされているらしい……
東お嬢さん、占いでもうミユキさんに会わない方がいいと桃園さんに直訴!なんて単純な……
結果的に東お嬢さんの占い(に見せかけた誘導)は失敗に終わりました。というか、今回FUKOゲージ上がったのだろうか?

~今週のプリキュア稼業~
桃園さんのピンチに駆け付ける蒼乃さんと山吹さん。しかし、そこを封鎖している警備員さんが通してくれません。
ならば、と変身して突撃!その名も「私たちプリキュアだから通せ!!」
これに警備員さん、ご苦労様です!と労いの言葉を……って工工工エエェェ(゚Д゚)ェェエエ工工工!!!何と、今回のプリキュアはメディアの露出も多かったためか、対ナケワメーケ専用兵器として認識されているらしい。プリキュアも変わったものだ……

~フルネーム~
何と、ミユキさんに弟が!それは桃園さんと同じ学校の大輔でした。ということは、ミユキさんのフルネームは「知念ミユキ」ということになるのか……微妙な名前だ……それとも「ミユキ」は芸名で下の名前は他にちゃんとあるんだろうか。それでも知念には変わりないんだけど。
2009.07.06 Mon0048 l フレッシュプリキュア! l コメント (0) トラックバック (0) l top
10ko30746_convert_20090705184121.jpg

サムズアップ……うーむ、雄介を彷彿とさせますね。
……(*゚ロ゚)ハッ!!まさか、ユウスケはこの呪いを受けたのか!?最強のヘタレという呪いを!(オイ

今回の話は、タルトと山吹さんが入れ替わっての大騒動でした。ただギャグ回と見せかけて、山吹色のオヤジィのエエ話が展開されるという、ギャグ回に収まらない話ではあったと思う。
では簡単にいってみよう。

~今週のラビリンス~
何と今回の幹部は、初出勤時視聴者の方々に強烈なインパクトを与えたサウラーさんでした。
知性担当の為か普段はひきこもっているものの、いざ動き出すと怖い怖い……サウラーさん、ゲームセンターのスロットからヒントを導き出し、スイッチオーバー!……え?自己紹介?シナイヨ?
スロットをヒントに動物と人を入れ替えます。ぶっちゃけ、スロット見て何でこういう発想が出来るんだろ?謎だ……
と、その入れ替えによってタウンの方々は大混乱!結果的にFUKOゲージも上がって、彼の作戦は表向き成功と見るべきか。やはり彼は出来る男!

~Let's 入れ替え!~
というわけで、何の因果か、タルトと山吹さんが入れ替わるという理不尽な組み合わせ(主に山吹さんが)に。
入れ替わった祈里inタルトは男らしい。胡坐をかいたり、鼻をほじくったり……ってエエ!この手の番組でこういうボウケンをしてくるとは……ニチアサ恐るべし!
一方のタルトin祈里は、苦手なフェレットということもあり、大混乱!尻尾を見ただけで、我を失い走り回る始末。人はトラウマを乗り越えてこそ、その先にいけるんだ(棒)
……気のせいか、タルトがいつもよりカワイク描かれている気がする。山吹さんが憑依したからか。

~山吹色のオヤジィ~
動物と人が入れ替わったことにより、何故か動物病院に動物in人が集まってきます。その原因は犬inお巡りさんが動物病院を勧めたから。何てことしてくれるんだ!
しかし、そこは人生経験が長い山吹さんのお父さん、特に不満を述べることもなく、ちゃんと診療してくれました。何て出来たオヤジなんだ……!!
山吹さん、家族にフェレットと入れ替わってしまったことを暴露!ただ中身フェレットな山吹さんが喋ってしまったので、少し計画は破綻したけど。とはいえ、山吹さんは会話のできる娘さんだった!
フェレットになった山吹さんをお父さんは優しく諭します。

「お互いに理解しあうためには、怖くったって面倒くさくたって、お互い一歩ずつ近づかなくちゃいかん。」

うーむ、こういう教訓的なことを、ある程度良識ある大人に言われると、教育番組としてええ番組やぁ、と思えてきます。最近はこういう良識的な大人がテレビを見てても減ってる印象があるからなぁ。そういう意味でもフレッシュは安心して見られる番組ですね。

~今週の戦闘~
何故かハイスペックな蒼キュアさんがいるのに苦戦中。あれ?先週の奮闘ぶりはいったい……
そこでいても経ってもいられない山吹さんとタルトが、駆けつけてきました。だが、入れ替わった状態でヘシン!!できるかわからない……
だが、お父さんの言葉を思い出し、タルトと歩み寄る……そうすればヘシン!!出来るかもしれない。
そんなこんなで心を通わせたタルトと山吹さん。そして変身成功!……ただ映像的に見ると普通に変身できたんじゃね?と思えなくもない。

dcefe53227bdd0b1a9023fd4acfd44fc_s.jpgpine.jpg

今回のキュアパインは一味違う!中身がタルトな為か、大奮闘です!すげぇ!これが確変か……というか、こんな男前なパインはん、もう二度と見られないんじゃないか!?
ここで確変使ったから、後々ヘタレてるんだ……(ボソリ
そんな感じで、キュアタルト(え)の大活躍により、ワメーケを倒すことに成功。ただサウラーさん的には、そんなに支障がない気がするけど気にしない!

~今週のアレな光景~
タルトと山吹さんが和解しあったその直後、信じられない光景が!?何と、動物の精神が戻った動物が病院からちゃん元の場所に戻ろうとしてる!?思えば、騒ぎとなっていたのは、動物になった人間達が突然の変化に対応出来てなかっただけで、動物さん達は特に暴れまわってる描写もなかったような……山吹さん然り動物や謎生物の方が理性的な行動が出来るのかもしれない。そんな含蓄あるお話でした(ちょ
2009.07.05 Sun1902 l フレッシュプリキュア! l コメント (0) トラックバック (0) l top
超久しぶりに、フレッシュプリキュアの感想をフカーツさせてみる。

今回は簡単にいうと、ファッションモデルを目指していた蒼乃さんのお話。
けど、二人のプリキュアのピンチに、オーディションを抜け出して、駆け付けたZE!という流れ。
では簡単に見てみよー。

~インフィニティとは~
今まで、インフィニティ云々言われていたわけですが、その正体は無限のメモリーらしい。ふーん、そこら辺の電気店で売ってる大容量ハードディスクじゃダメなんですか?(オイ
何でも管理国家として円滑に管理する為に、無限メモリーことインフィニティが必要らしい。

~蒼乃さんチの家庭事情~
蒼乃さんの密かな楽しみ(え)、彼氏=弟ということがバレてしまいました。更には、蒼乃さんママも弟を見て、「ママをお嫁さんにしてくれ!」云々言い出す始末。蒼乃さんの家系はみんなビョーキなのか(え)そりゃお父さんも逃げたくなるよね(コラ
で、マジメに話を戻すと、蒼乃さんがオーディション受けるのにも関わらず、父親については触れられずじまい。山吹さんが「離婚して姉弟離れっちゃったんだよね~」的なことしか言ってくれませんでした。う~ん、これは後々で蒼乃さんの父親絡みのエピソードがあると見るべきなのか……

~プリキュア解散~
蒼乃さんがファッションモデルになる!ということで、プリキュア業やダンス業からも身を引くことになりました。しかし蒼乃さん、少し心配に。私が抜けて大丈夫かしら?
そんな蒼乃さんの心配もどこ吹く風!盛大にパーティ!を催しました。これで私たち、二人でプリキュア!

~Yes!プリキュアは二人!~
ウエスターさんが、今日もところ構わずワメーケで暴れまわってました。
そこに駆け付けるプリキュア。ウエスターさん妙なことを口走ります。
「何だ、今日は二人か……」
この人勘違いしてる!プリキュアは二人なの!今まで3人だったけどこれが本来の姿なの!
けど、この二人のプリキュア……かたやハート(カリス的な意味で)なのにロースペック、桃キュアさん。かたやダイヤはヘタレの称号、パインキュアさん!てっきりパインキュアさんが某銃使いのように確変を出す……ことなど当然なく、あっという間に劣勢に追い詰められていきます。私の身体はボトボトだ!(オイ
「弱音を吐いちゃ駄目!これからは、私たちふたりでプリキュアなの!」
「うん、わかった。そうだよね!」
桃キュアさん、ピンチを打開すべくロッドを召喚しますが、一週にしてロッドを弾かれ落としてしまいます。ダメだよ桃キュアさん、玩具は大切に扱わなきゃ。というか、桃キュアさんとワメーケのコントにフイタ!
「悪いの悪いの…!」「飛びません!」
今回はバンクの途中でも邪魔されるらしい。

~ヘシン!ウェェーーイ!!!~
その惨状一部始終をテレビで見ていた蒼乃さん。「ゴメン!」
この言葉には色々な意味が込められていたんだろうなぁ。オーディションの為に送り出してくれたこと、二人の力を信じられなかったこと(コラ)
……っていうか、今回のプリキュアは平然とテレビ中継されるのか。これなら仲間のピンチもわかるよね。
「ハッハッハ!プリキュア敗れたり!」
「マテ!」「!?」
そこに駆け付ける蒼乃さん。やっぱり途中でオーディション会場を抜け出してしまいました。
そして「ヘシン!!」ターンアップ!
蒼キュアさん(と他二人)の奮闘により、ワメーケをあっという間に撃退。あっれ~?もう終わりですか。

~だからプリキュアは三人なの!~
というわけで蒼乃さん、二人の元に戻ってきました。しかし御二方は蒼乃さんの夢を潰してしまったことに涙ぐんでしまいます。けどそこは蒼乃さん、ちゃんとフォロー。
「もし、ラブがいなくって、私とブッキーだけだって勝てなかったし、ブッキーがいなくて、ラブと私だけでも勝てなかったと思う。」
山吹さんだけ仮定形でした。そりゃダイヤはヘタレの称号だもんなぁ(酷
ま、まぁ文脈の関係だよね、そうだそうだアハハ……


その後、蒼乃さんは御二方に歓迎会の代金を消費税5%込で請求されました(違
2009.07.04 Sat1711 l フレッシュプリキュア! l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。