上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- ------ l スポンサー広告 l top
うーむ……。微妙……

いや、青の歌舞伎関連のエピソードは良かったんだけどさ…
何かこう…それを全折神合体と同時にやる必要はなかったんじゃないか?と思えて。
関連性がないもんなぁ、歌舞伎と全折神合体って…
今更だけど……青って歌舞伎出身者だったのか…
クッ!これが途中視聴者の弊害か…


青は歌舞伎を投げ出してシンケンジャーになったけど、未練が…
なので公開されている歌舞伎公演を見に行くも、以前舞台での演技の途中で投げ出してしまったことに対する罪悪感から結局立ち去ることに。

それでも歌舞伎仲間が気になった青はこっそり覗くが、歌舞伎仲間から
「あいつは俺達を裏切ったんだ」云々と言われ、やはり立ち去ることに。

どう和解するのかな?と思ってたけど、スランプになっていた歌舞伎仲間に対し、顔を仮面で隠してアドバイスするとは……

あいつは歌舞伎を、俺達を裏切った!
     ↓つまり、
歌舞伎に対する愛着がなかったんだ!
     ↓だが
自分に対して踊った踊りを見て…
     ↓
違う、こんな素晴らしい踊りを歌舞伎を愛していないものが出来るわけがない!
     ↓
青……いつか戻ってこい!

こんな感じだよね。
突き詰めて書くと、この歌舞伎仲間さんは、青が舞台を途中放棄した理由を
「あいつは初めからそんな気はなかったんだ!だから俺達を裏切った!歌舞伎を愛している筈がない!」

と勘違いしていた…のかな。
それを今回の踊りを見て、その考えは間違っていた、と気付いて考えを改め直すんだよね。
言葉にしなくともその思いは伝わる…そのいい例だと思う。

ただこれって、青が舞台を途中放棄した後、すぐに事情なりなんなりを説明すれば良かったんじゃね?と思えなくもないけど。そうすればこういった誤解も最小限で済んで、わだかまりも小さくすんだんじゃね?と思えてくる。
や、もしかしたら私が見逃しているエピソードの中にそういったエピソードがあるかもしれんけど…途中視聴者は辛いぜ!(えー

~今週の敵~
今週のアヤカシは巨大化の使い方が目的だった、という敵としては変化球な奴。
何で巨大化した時の仕様をけまりは把握してんだ?というツッコミはしちゃいけないね、うん。

その条件としてたらふく食べさせて満腹にしなければならない。
だから満腹になるまではシンケンジャーに倒されるわけにはいかない。
逆を言えば満腹になれば一の目はイラナイわけで…だから味方が倒すというのも納得できる。

で、本領発揮の二の目。
何と蓄えこんだものを使って?巨大な盾を召喚!しかも堅……堅いんだよ…な。
ぶっちゃけぶち込んだ技が二天一流乱れ斬りだったからイマイチそういう感じが伝わってこない。
だってこの技でアヤカシを倒したのって一体だけだからそんなに威力ないんじゃね?って感じがするんだよなー。イカテンクウバスターでもぶち込んで、それでもダメだったらその堅さが伝わってくるんだけどなぁ。
敵のコンセプトとしてはなかなか面白い奴なのに…

~全折神合体!~
というわけで誕生した全折神合体形態。
その名もサムライハオー。感じにすると侍覇王だろうか。はぅはぅー!(←?)
何気にモウギュウダイオーの「王」って文字、ひっくり返すと「全」になるんだな…うまいこと考えたもんだ。
侍戦隊シンケンジャー 侍合体 DXモウギュウダイオー侍戦隊シンケンジャー 侍合体 DXモウギュウダイオー




ただなぁ、こいつ全折神合体なんだから多分最強なんだろうけどさ…その合体が青の変なテンションで合体だー!っていうのが…仮にもこんな大規模な合体なんだし、もうちょっと慎重に行うべきじゃね?と。あの金ピカ君ですら今回は慎重だったというのに。

ダイカイシンケンオーが初めて登場した時にもちょっと思ったんだけどさ、
あの時の合体前のシンケンオーとかもそんなに苦戦してなかったよなー、と思えるんだよなー。

要するに自分の不満はアレなんです。

もうちょっと巨大戦で苦戦しているところを見せてくれ!

ってことなんだ…
これが、
ダイカイシンケンオーがやられた(分離してしまった)!どうする?
      ↓
何が起こるかわからないけど、全折神合体に賭けてみようぜ!
      ↓
や、それはダメだ!危険すぎる!
      ↓
だがダイカイがダメだったのならこいつにかけるしかない!やるぞ!

みたいな緊迫感ある巨大戦を一度見てみたい…

あと、シンケンジャーってシンケンジャー時の殺陣は長いけど、巨大戦は極端に短くね?と思うんだよね。
早い時なんか三分足らずで終わることもあるし。
ウルトラマンじゃないんだから、もうちょっと長く巨大戦の殺陣を見てみたい。
それとも折神には活動時間に制限でもあるのだろうか…

~今週の青~
歌舞伎仲間との仲直りが終わって戻ってきた青。
その青には持ち前の残念スキルが復活していたのだ!

そしてその残念スキルは巨大戦で遺憾なく発揮された!
皆の衆が全折神合体に慎重になる中、ただ一人やろうぜやろうぜ!と駄々をこねたのだ!

まぁ、いわゆるアレだよね。この時の青は、

駄々をこねる子供

みたいなモンだろ!(え
そしてその我儘に対して、親御さんこと殿が
やってやるからちょっと黙ってろ!あ、陣羽織引っ張るな!というポジション。
あれ?これって上下関係として成立しているのだろうか…

~今週の一本締め~
猿……亀……(つ∀`)

サムライハオーの姿を見て愕然。あれ?猿と亀は?
そう、猿と亀は足の下の部分にちょこんとつけられているだけなのです。これ、合体しているって言えるのだろうか……
猿と亀の扱いが日に日に悪くなっていく…
スポンサーサイト

2009.10.26 Mon0305 l シンケンジャー l コメント (2) トラックバック (4) l top

コメント

流ノ介について補足しますと…
ディメイズさん、こんばんは。
流ノ介についてちょっとだけ補足など…。
流ノ介が招集されたのは、お父さんとともに連獅子の舞台に立っているときでした。
流ノ介を侍として育てたお父さんは、招集の矢文を見るや、息子を舞台からそのまま出立させています。
シンケンジャーは招集と同時に家族との縁を切り、外道衆の手が身内に伸びないように志葉家に結集して戦っていると劇中での明言されています。
初期には千明が友達に会いに行ったために、友達が巻き添えを食って大けがをするというエピソードがありました。
おそらく、舞台から衣装もそのままに駆けつけた流ノ介は、その後も家族はもちろんシンタロウにも連絡は取っていないと思われます。

流ノ介のエピソードは、これまでの細やかなエピソードの積み重ねもあってぐっときました。
シンケンジャーは過去の伏線をかなり丹念に拾ってくれますので、こう来るか!と思うことが多いのですが、流ノ介のエピソードはその中でも秀逸でしたねえ。

流ノ介のエピソードの秀逸さと、微妙に必然性の薄い巨大戦…。
このあたりは難しいラインだと思います。
平均点が高い分だけ、シンケンジャーにはついつい期待してしまいますからねえ。
もうちょっと…と、思ってしまいますよねえ。
2009.10.292321 Thu l 風水. URL l 編集
補足、ありがとうございます!
>風水さん

こんばんはー、コメントありがとうございます!

流ノ介についての補足

へぇ~、なるほど!だからシンタロウに何も伝えてなかったのか…
確かに下手に身内に会いに行けば外道衆に襲われそうだしなぁ。
何というか、ここら辺はホント、最初から見てないと勘違いしますね。それだけ複線やら何やらがしっかりしているってことなんだろうけど。
やっぱ途中視聴者はこういうところでハンデがあるなぁ。

> 流ノ介のエピソードの秀逸さと、微妙に必然性の薄い巨大戦…。
> このあたりは難しいラインだと思います。

人間ドラマに焦点を絞るとどうしても時間をそっちに割くから、結果的に巨大戦の時間を削るしかないですしね。
ただ人間ドラマはいいんだけど、仮にも最強形態のようなものなんだから、それ専用に一話作っても良かったんじゃないかな?と思えるんですよね。
そんなにもう一話一話に余裕がないのか…と思ってたんだけど、次回はどうにもネタ回っぽいし。
次回に全合体のエピソードを入れても良かったんじゃ?と思えてしまうなぁ。

> 平均点が高い分だけ、シンケンジャーにはついつい期待してしまいますからねえ。

ホントに…出来がいいと次も高クオリティなエピソードが見られるぜ!と期待してしまいますよね。優等生は辛いぜ、ホント。
これがキバだったら、「あれ?今回面白くね?オイラ感動しちまったよ!」と思えるんですけど(何
2009.10.300227 Fri l ディメイズ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://earthwind0401.blog53.fc2.com/tb.php/100-12494029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
~第三十五幕「十一折神全合体(じゅういちおりがみぜんがったい)」
2009.10.26 Mon l Happy☆Lucky
今回は流ノ介主役回。歌舞伎界の若手として将来を嘱望されていた流ノ介。歌舞伎役者への夢を捨てて侍となった流ノ介の、歌舞伎への思い…。良いお話しでした。
2009.10.26 Mon l All's Right with the World!
侍戦隊シンケンジャーの第35話を見ました。第三十五幕 十一折神全合体牛折神の車輪についているディスクに折神を集める力があることに気付いた源太は全ての折神を合体させることができるのではないかと丈瑠に考えを伝えていた。「じゃあそれを使えば折神は全部…」「ただ...
2009.10.26 Mon l MAGI☆の日記
いや、もう合体じゃないだろ。 背中から後ろがただの美術セットです…。 なんか、年々オール合体がおかしなコトになっていってる気がする...
2009.10.27 Tue l 『真・南海大決戦』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。