上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- ------ l スポンサー広告 l top
え?ちょっと待て。
もう変態医師の正体バレか!相変わらず展開が早いな、ダブル!
とまぁ、そんなわけで思ったよりも早く正体バレして驚いています。

だってなぁ、普通だったらああいう場面は、とぼけてうやむや、その裏で暗躍するような感じになる気がするんだ。
その過程を吹っ飛ばして一気に推し進めていくダブルさん、相変わらずスゲェ!

と、本題本題。
最近は出会った当初よりも鳴海探偵事務所の面々などに馴染んできた感のあるテルーイ。
だが、家族の仇を目の前にした途端、復讐に燃える出会った頃の危ない刑事テルーイに戻ってしまう。
しかもその仇は挑発までしてくるという開き直りぶり。
テルーイの復讐心は昂るばかり……

Wのメモリの持ち主=変態医師の挑発により完全に復讐心に心奪われ、孤立するテルーイ。
だがこの局面で翔太郎まで冷静さを失ったらダメだ!と心配するフィリップ。
そして復讐心により冷静さを失っているテルーイの身を案じる翔太郎とフィリップ。
鳴海探偵事務所の面々が互いを気遣う一方で、Wのメモリの持ち主、井坂は他人を利用し己の力=ガイアメモリを高めるようとするという狂気じみた面を見せる。
全ては自分の為という井坂と鳴海探偵事務所の面々との違いがこれでもか!と対比的に描かれてますねー。

また園崎家でも以前の井坂の診察以来、身体に何らかの異常を感じる若菜姫。
それを心配するお父様……という一見すると翔太郎らと似たような面を見せるのが意味深ですね。
これはいずれお父様出撃フラグ……なのだろうか?

他にも依頼人の見習いマジシャンも、祖父の最後のステージを成功させる為にインビシブルのメモリを使うというベクトルは違うけど、テルーイと同じく家族を思っているという点では似た存在なのかもしれません。


が、ダブルとアクセル、二人でそれぞれ戦っても歯が立たない。
単独マキシマムドライブもウェザードーパントの前には通用しない。
アクセルの決死の特攻も虚しく変身解除させられてしまう。
家族の仇は目の前にいる。だが相討ちどころかダメージを与えることすら叶わない圧倒的な力の差にテルーイは涙を流す。
その涙を見た翔太郎はフィリップの制止を振り切って禁断のツインマキシマムドライブを使い次回に続く!


という熱い展開で次週に引っ張ったダブル。
誰も泣いてほしくないという翔太郎のスタンスにより発動したツインマキシマムドライブですが、ダブルに湧き上がる炎のエフェクトはフィリップの制止を振り切った翔太郎の暴走を描いているのかもしれないですね。

ところで今回のDは何だろうか?
「Dが見ている」なのでダブル(Double)は……どうなんだろう?
新しく登場したガジェット、デンデン(日本語だけど)、そして…Dad(お父様)とかかな。


~今週の疑問~
ウェザードーパントのある種の変幻自在な力は、もともとの能力なのはわかるんですけど、あの圧倒的な力は様々なメモリの力を吸収した…からなのかしら?
以前にドライバーを使用した状態では力が抑えられるというのを説明しているので、直挿しによる効果+メモリ吸収によるパワーアップと見るのがあの圧倒的なパワーの要因……なのかな?
超人についての説明もまだ明確にされてないので、この要素も今後語られるのかな?

~今週のガジェット~
フィリップ「翔太郎!新しいガジェットが完成したよ!君も気にいる筈だ!」

翔太郎「またくだらないものを…で、何が出来るんだ?このカタツムリ」

フ「見張りや敵の探索だ。
あらゆる光の波長、変動をキャッチできるから もし誰かが通りかかると反応するようになっている」


翔「ハッ!それだけかよ。そんなんじゃ俺のハードボイルドな感性にはちっとも響かないぜ!」

フ「フフフ……それだけじゃない。
何とこのデンデンセンサーで覗くと人が着ている服などを透過して見ることが出来るのSA!」


デンデンセンサーを奪い取り…

翔「ハッハッハ!そういう大事な機能は最初に言わなくちゃダメじゃないか、相棒。
いやー、やっぱりいざって時に頼りになる相棒だぜ!」

フ「……やはり釣られたか。ハーフボイルドな感性だね、翔太郎」

翔「釣りかよ(# ゚Д゚)!」
スポンサーサイト

2010.03.25 Thu0155 l 仮面ライダーW l コメント (0) トラックバック (4) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://earthwind0401.blog53.fc2.com/tb.php/155-b1d22ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「D」――でんでん(Denden)、ダブル(Double)――が見ていた、前編。 てか、「でんでん」って日本語じゃん…。しかもつい俳優さんの方を思い...
2010.03.26 Fri l 『真・南海大決戦』
【ウェザーは頭頂部がコロスケみたいだけどデザインはカッコいいナリ。】 ネタが拾えないダブルは縮小営業で。 いや普通に手堅く面白いんだけど、特にときめかないんだよな。 今週も怪しいお医者さんの正体バレが予想より早くてビックリしたし。 ウェザーは天候を操作し
2010.03.26 Fri l 閑古鳥ぽよぽよ
今回はDの前編、照井竜がついに家族の仇である井坂シンクロウと邂逅!緊張感とコメディパートのバランスがいつもながらすさまじい…!
2010.03.26 Fri l All's Right with the World!
今回はDの前編、照井竜がついに家族の仇である井坂シンクロウと邂逅!緊張感とコメディパートのバランスがいつもながらすさまじい…!
2010.03.26 Fri l All's Right with the World!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。