上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- ------ l スポンサー広告 l top
米村脚本&金田監督のコンビ……相性がイイのではないか……と今回の話を見るとそう思わないでもない。
米村さんは、こういった昭和テイストのアツい脚本を書くのが得意なのだろうか…だとするとメインを務めたカブトは全く反対のテイストだよなぁ、謎がほったらかしにされるわけだ……(え

まぁ、今回の話も突っ込み所は多々あるんだけど、それは米村さんだとよくあることなので、スルーするとして、やっぱり金田監督ですよ!BLACKとRXのダブルキックカッケエエ!!とか、BLACK飛び降りたーー!!とか空中でのダブル変身!とかもう興奮しっぱなしでした。そして金田監督は廃工場でのバトルが好きだな!といらんところに目がいってたりもしました(え)だって、金田監督の担当で凄かったって思ったのが、電王のゼロノス最後のカードなんですよね。あの回は、廃工場バトルってだけじゃなくて、バイクでの疾走が無茶振りすぎて、感動した覚えがある。工場でブーン!ブーン!と音たてて、バカバカ壊す爽快感が堪らなかった……

あ、でもそうなると今回はバイクに乗ってないのか……そこは残念かも。
と、話題がそれてしまいましたが、今回も引き続き南光太郎のアツい想いを汲んだ士がカッコ良かった。

「例え勝ち目がなくても、戦わなければならない時がある。この男はそうやって一人で戦ってきた。大切なものを取り戻す為に」by門矢 士

えー、今回はいつものポーカーフェイスな感じではなく、見事にアツいです。これも光太郎さんに影響されて、アツい思いを取り込んでいった…ということなのかもしれない。
それに、夏ミカンを助けた後の士の柔らかな表情が……あれ、目から何か出てきた(;つД`)……「夏ミカンには言うなよ!」も士らしい…


で、今回のもう一つのポイント、カイトーさん。何だかんだでBLACKから士を助けることに。そこで士が休戦協定を結ぼうとするが…

「これはゲームなんだ(´▽`)」

とあくまで協力する気はなく…それに士がブチギレするものの、

なんかこういうの青春ぽいねー、ボクは嫌いだけど∵(゚o(○=蹴(゚∀゚ )」

と容赦なくみぞおち蹴りをぶちかますカイトーさん。
うーん、カイトーさんは、士に構ってほしくてそんなツンデレな態度をとっているのか…

うってかわって、子供を人質に取ったアポロガイストさんを躊躇いなく撃つという外道ぶり。これ、士が庇うと読んで撃ったのかな?士の好みも把握しているカイトーさんだから、どう行動するか、というのも予測してそう。それにしても士の「子供はどんな世界でも最高の宝だ!」ってあなたどこの天の道の(ry

そしてアポロガイスト+怪人達の前に、ストーカーの如く現れるカイトーさん。そのカードは士には使えないって言ってたけど、使えるから。ディケイドがBLACKにカメンライドゥ!するんだよ。

仮面ライダーディケイド 変身ベルト DXディケイドライバー仮面ライダーディケイド 変身ベルト DXディケイドライバー




ただ、ディケイドがBLACKに変身するんじゃつまんないという視聴者の叫びを感じ取ったのか、BLACKこと南光太郎を召喚。初めて人間体だしたね、ディエンド…

その後もぐだぐた言いつつ、息ぴったしでパーフェクターを奪うことに成功…するも、ディエンドに奪われてしまう。
で、夏ミカンの前に姿を現し、「僕を見てて(ry」みたいなことを言うカイトーさん。

……うーん。カイトーさんがこのような態度をとるのは、ただ単に士に構ってもらいたいだけ…なのか。
違う解釈をすれば、ディエンドも「ディケイド」という作品の一部なのだから、その「ディケイド」たる士に絡むことでこそ、「ディエンド」というライダーとして存在できるとかそんな感じなんですかね。第一「ディケイド」という仮面ライダーも作品としてみると、他の平成ライダーと絡むってだけで、その要素を抜きにすると「ディケイド」という作品として成り立っているのかどうかさえ難しい。こう考えるとディケイド自身は結構儚い存在なのかもしれない。


以下突っ込みなど↓
~今週のBLACK&RX~
今回は何といっても南光太郎のダブル変身でしょうね。というか、あの変身ポーズ難しすぎる。真似してやっても何かずれる…のは、私が鈍いからだと思う。
そして必殺技の名前を言うのがやっぱり昭和系のライダーだなぁと思わされます。「ライダーパンチ!」とか、「ダブルキック!」とか「キングストームなんちゃら」とかいちいちアツいです!それにアクションも決まっていて、さすが!と言わざるを得ない。
あと、最後の士との会話もグッ!とくるものが…やっぱナイスミドル!に言われると説得力が違う。

~今週の怪人達~
アポロガイストを筆頭にゾロゾロと出てきたなぁ。あれは平成の怪人さん達だったと思う。
気になったのが、アポロさんは、語尾に「~なのだ」とつける人なんだろうか?バカボンのパパを思い出す。
大口叩いている割に、子供を人質にしたり、傍から見ると長いBLACKさん達の変身を律儀に待っていてくれたり、1対1と言いながら約束を破ったりと、これが昭和の怪人か!と感慨深いものがあるなぁ。だって平成の怪人達は、変身を律儀に待ってたりしないだろうし(え
でも、前回の「クライシス最強のry」は意外と強かったかな。普通のディケイドを圧倒してたし。コンプリになってボッコボコにされたのはご愛敬ということで。

~今週のカメンライドゥ~
冒頭で、ディエンドさんが女の子ライダーを召喚。ファムというらしい。どうやらBLACKさんは女の子の扱いが苦手なようで……ディエンド~!その調子で天鬼さんも呼んであげるんだ!(外道

アポロさんを探す為に、龍騎にカメンライドゥ!何でもミラーワールドからちまちまとアポロさんを探してたらしい。えーと、普通に探すんじゃダメなんですか?……ホントに……米村さんは龍騎好きだな!

次に怪人二体ほどを葬る為に、ファイズ、しかもいきなりアクセルにカメンライドゥ!圧倒的な速さで怪人を倒す…のはいいんだけど今回も円柱蹴りじゃなかったなぁ。あれはどちらかというとカブトの回転蹴りだよね。
ぶっちゃけ、カブトのクロックアップの方が優れているよね、と思ったのは内緒(コラ


RXの方達が太陽関連だったので、ディケイドさんも奮発して太陽絡みのライダーを召喚してみました。

その名もアギトシャイニング!  別名  日焼けライダー!(オイ

説明しよう!アギトシャイニング(日焼けライダー)とは、

元の素体、アギトバーニングが、太陽から発せられる有害物質紫外線を受けて、鎧が紫外線に反応!紫外線と化学結合した鎧の一部が剥がれ落ちた状態。それこそが白いアギト、シャイニングフォームなのだ!



……今回もこのオチで終了か…

※引用文は妄想です。実際の設定とは若干異なります。
スポンサーサイト

2009.08.07 Fri0215 l 仮面ライダーディケイド l コメント (4) トラックバック (4) l top

コメント

光太郎さんは女の子に弱いんじゃないと思う…
ディメイズさま

今回はもうダブル光太郎さんのブラック&RXダブル変身!
あまりのかっこよさにテレビの前で心臓が止まりそうでした。
泣けましたねえ、ええ、こんなに燃えたの久しぶりです。

金田監督、さすがにアクションを分かってらっしゃいますよねえ。
たたみかけるようなアクションの連続をきっちり盛り上げてこのテンションでクライマックスまで持っていってくれますからねえ。
今回はライダーらしいアクションという意味でも見応えありました。
やっぱりライダーはアクションがかっこよくなければ!

ツカサも、今回は今までとはずいぶん違ってました。
光太郎さんとの会話シーンの熱さも胸に迫りましたねえ。
ツカサがこんな風に変化するとは、初期には思っても見ませんでした。
ツカサが最終回までにどういう変化を見せるのかも楽しみですねえ。

一つだけ…光太郎さんは別に女の子に弱いんじゃないと思います。
昭和ライダーは少なくとも、女性に手を上げたりは決してしません。
ファム(龍騎劇場版に登場した初女性ライダー)に対しても、相手が女性だから戦いにくかっただけだと思いますねえ。
このあたりも含めて、昭和テイストでしたねえ。
必殺技をきっちり叫ぶのも、敵が変身を律儀に待ってるのも、悪役が大言壮語する割に姑息な行動に出るのも、昭和の雰囲気ですよねえ。

そして…最後のシャイニングフォームの解説に椅子から転がり落ちるかと思いましたよ!!
アギトの最終フォームは日焼けの結果!?
「シャイニングフォームははなから角が展開してるのがイマイチ好きじゃなかったなあ。最後の決め技に動きがなくて残念…」と思って見たシーンが、次からはギャグにしか見えなくなるなありませんか!
ええ、もちろん褒めてますとも!!
2009.08.071923 Fri l 風水. URL l 編集
こんばんは!
ディメイズさん、こんばんは。

廃工場ってやっぱりバトルするにはおいしい材料いっぱいありますからね~。
色々小物使って、メリハリあるアクション見せてもらえるので、私も大好きです!

あ~、そうそう、今回、士がガラにもなく熱い部分を見せてくれましたね!
夏みかんの事があって、あの熱さがあって、「仲間」という台詞があって…本当、士がどんどん変わって行くみたいでいいですね~。いつのまにかヒーローそのもの!

で、南光太郎の変身ポーズを真似しているのですか(笑)。
鏡の前とかで!?
テレビの前かな~。
頑張れ(笑)!!
ごめん、ちょっと想像したら笑った!

日焼けライダー?
アギトは見ていないからわからないんだけど、その説明だけで格好悪いーー(笑)!
日焼け止め塗っておけー!
2009.08.072247 Fri l けろりん. URL l 編集
角が展開してるのも紫外線の仕業!
>風水さん

こんばんはー、返事が遅れてしまって申し訳ないです…

> ダブル光太郎さんのブラック&RXダブル変身!

これは、BLACkファンなら垂涎モノじゃないか!と思えるぐらいカッコ良かったですよねー。変身ポーズがビシッ!と決まっていて眩暈がするぐらいでした。ただあの変身ポーズは私には難しすぎるようです……

> 金田監督、さすがにアクションを分かってらっしゃいますよねえ。
> ライダーらしいアクション
> やっぱりライダーはアクションがかっこよくなければ!

さすがに毎回このクオリティでやれ!なんて言ったら、スーツアクターさん達が過労死してしまいそうなので、たまにでいいから、物凄いアクションが見てみたいです。

> ツカサが最終回までにどういう変化を見せるのかも楽しみですねえ。

最初は女性に平気で手を上げる御方でしたからねぇ。あれには私も驚いたよ…
こういった士の変化もディケイドの魅力なのかもしれません。

> 昭和ライダーは少なくとも、女性に手を上げたりは決してしません。

なるほどね。ここら辺が平成と昭和の境目なのかもしれないですね。どうにも平成ライダーを見慣れていると……ねぇ?(同意を求めるな)

> 必殺技をきっちり叫ぶのも、敵が変身を律儀に待ってるのも、悪役が大言壮語する割に姑息な行動に出るのも、昭和の雰囲気ですよねえ。

そういう意味では突っ込みどころ満載だから平成ライダーでは、これらの要素を排除していったのかもしれないですね。とはいえ、仮面ライダーっていうと、必殺技はきっちり叫ぶものだろ!な認識があるので、今回は大変満足しましたね。

> 角が展開してる

それもきっと紫外線の仕業なんだ!(ちょ
とはいえ、角が常時展開しているのは私も同じようなことを思ってたので、その気持ちはわかります。アギトバーニングは、一種の暴走状態みたいな感じだったから、角が常時展開でも気にならないけど、シャイニングはちゃんと自分の意志で動いていますしね。だから余計に展開してるのが気にはなりますよね。
2009.08.091858 Sun l ディメイズ. URL l 編集
あのポーズ、難しい…
>けろりんさん

こんばんはー、お返事が遅くなって申し訳ないです…

> 廃工場ってやっぱりバトルするにはおいしい材料いっぱいありますからね~。
> 色々小物使って、メリハリあるアクション見せてもらえるので、私も大好きです!

廃工場バトルは、電王でのゼロノス回の印象がとても強いので、そういった小物がバカバカライダー達に当たるから、撮影も大変なんだろなー、と思いつつ美味しいシチュエーションですよね。メリハリがあるのは、やっぱり金田監督ならではのカメラワークや演出が光っているんだと思ってます。


> いつのまにかヒーローそのもの!

初期の頃は、役者さんの演技力もちょっとあるけど、人間味があまり感じられなかったことがありましたからね。その時は夏ミカンやユウスケがいたから、視聴者はどちらかというとそちらに感情移入できるというのは、うまい配慮だったかな、と思ってます。

> で、南光太郎の変身ポーズを真似しているのですか(笑)。
> 頑張れ(笑)!!
> ごめん、ちょっと想像したら笑った!

「笑うな~~!!」(矢車兄貴風に)
もちろん、真似している場所はテレビの前です。あの変身ポーズ、私には難しいです…

> 日焼け止め塗っておけー!

紫外線カットじゃないと防ぐことはできないぜ!(オイ
2009.08.091908 Sun l ディメイズ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://earthwind0401.blog53.fc2.com/tb.php/50-c821247c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
なんという超「昭和」・・! チクショウ・・こんなのズルイと叫びたくなるくらい面白え! 『ディケイド共感論』 またしても軽いディケイド考察をしてしまいますが、ディケイドが面白くなるエッセンスというのは、「背景にある世界観」を視聴者が共有していることが...
2009.08.07 Fri l 現実逃避
第27話「BLACK × BLACK RX」
2009.08.07 Fri l Happy☆Lucky
ようやく録画を見ましたディケイド…これは反則ですよ!いや、テレビの前で涙が出るくらい胸が熱くなりました。ブラック&RXの世界完結編、ディケイドのベストエピソードになりそうです。
2009.08.07 Fri l All's Right with the World!
黒く光るボディ、ハートに血が通う――「BLACKの世界」 昭和臭香る「RX」「BLACK」の後編。 キックはともかくパンチで「ライダーパァァンチ!...
2009.08.07 Fri l 『真・南海大決戦』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。