上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- ------ l スポンサー広告 l top
「SEC〇M、してますか?」by通りすがりのイケメン

「してません!!」by殿

「そんなお家に…SEC〇M、ホームセキュリティ」by通りすがりのイケメン

今週のお話を一言で表すと、

「(家などの)セキュリティをしっかり施しておこう!」

って話だよね!物騒な世の中になったものだ……え?違う?
というわけで始まった今週のシンケンジャー…ぶっちゃけ上の文章だけで今週の感想はいいんじゃないかな?と一瞬考えてしまった…(オイ)
いけないなぁ…今週も張り切って感想行ってみよう…
えいえいおー(棒)

とまぁ、ちょっとだけローテンションですが、今週も見所はありました。
というよりも「モヂカラって?」と考えている我が身としては、文字を合わせて封印を解いたあれについてちょっとだけ考えさせられました。

今回、あらかじめ設置されていた(と思う)神社のマークに少年が書いた門構えを加えて「開」の文字にして牛折神の封印を解いた…
つまり、神社のマークは鍵穴みたいなもので、「門」の文字が鍵といった解釈でいいのかな?

ちょっと気になるのは、この鍵の役割をした文字、「門」は少年の一族限定でしか開けられないのかそうでないのか、ですね。
もし後者ならば適当に里にいるモヂカラが使えそうな人を複数拉致って脅せばいいだけだし(ん

それに封印といっても巨大化したアヤカシが攻撃すればすぐ壊れちゃうんじゃね?とか思わなくもないけどさ(←台無し)

―閑話休題―
家出少年の身勝手な行動、そして頑なに牛折神について語ろうとしないお爺さん。
この考え方の違いは「実感」があるかないか、じゃないかな?と思う。
お爺さんの家にあった家族の写真やらを見るに両親はいなくなってるみたいだもんなぁ。
恐らく、その両親が牛折神を起動した時に巻き込まれて死んでしまった?のだろうか…
で、その危険性を十分なまでに「実感」、恐怖したお爺さんは封印を解いてはならない、と頑なになっているんじゃないだろうか。もちろん先祖代々封印に携わってきた立場もあるのだろうけど。

一方の少年は、その実感(牛折神の暴走による規模やらなんやら)に乏しいんじゃないかな、と思うんだけど…うーん。
それだと両親の死に対して無頓着な子だよなぁ、この子。
暴走したのが自分の幼少期で両親が死んでしまったという「実感」があまり得られないまま今日に至っているのか、はたまた両親の死という重みを軽く補うくらいの関係か何かが牛折神と少年の間にあるのか…

まぁ、一番の疑問はどうやって少年が牛折神のディスクを作ったのか?だと思うんだけどさ(爆)
ここら辺説明……されるんだろうか…?

~その他~
薄皮姐さんが遂にTVに戻ってきました。
長い長い鬱期間(出番がなかったという意味で)を耐え、どのような火花をまき散らしてくれるのか。
次回、ストレス発散女の戦いが始まる…!
「(*`д´)キィィィィ!!!よくも私のディバンをーー!!!(八つ当たり)」

~今週の一本締め~
ナイス髭の刀はよく…錆びないね

あんなところにあったら、海の海水やら空気での酸化やらで錆びそうな気がするんだけど…
くそぅ!奴の刀は切れ味抜群なだけでなく、酸化防止もするってのか…
私の自転車にもその酸化防止成分を分けてくれ!(何
スポンサーサイト

2009.10.04 Sun2308 l シンケンジャー l コメント (4) トラックバック (4) l top

コメント

確かにきらきらだった。
ディメイズさん、こんにちは。

確かにナイス髭の刀、普通に刺さっていましたなあ。
彼の髭成分がなにやら効いているのか???
私の自転車もあんなだったらいいな、確かに。

志葉家はホント、セキュリティも何もあったもんじゃないですね。
キムタクと長嶋さんに怒られそうですよー。
一般家庭でもありえないですからね、あんなの(笑)。

牛折神の封印を解いたのが、侍じゃなかったのがショックです~。モヂカラって侍じゃなくても使えたのかよ!!って。
モヂカラの解釈が段々自由になっていきますねえ…。

実感という点は同感ですね。
戦争を知っている年配者と、子どもだと全く戦争に対する考え方が違うのと一緒ですね。
「暴走はさせない」って簡単に考えるあたり…代々その辺りの事を伝えて行く方法に問題があったのではないかと(笑)。

とにかく、ホント、今週の感想は、「じい、今すぐセ○ムに電話だ!」ですな!
2009.10.050932 Mon l けろりん. URL l 編集
錆びない自転車…( ゚д゚)ホスィ...
>けろりんさん

こんばんはー、コメントありがとうございます!

> 彼の髭成分がなにやら効いているのか???
> 私の自転車もあんなだったらいいな、確かに。

錆びない自転車…そんな夢のような自転車にしてほしい…
お願い!ナイス髭~~(オイ

> キムタクと長嶋さんに怒られそうですよー。

「セ〇ムしてますか?」「セ〇ムしてるよね?」「オイ…セコムしろよ」
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

> 一般家庭でもありえないですからね、あんなの(笑)。

戸締りとかちゃんとしていたんだろうか…そうすれば入られることはないと思うんだけどなぁ。

>モヂカラって侍じゃなくても使えたのかよ!!って。

え!?モヂカラって侍じゃないと使えないんですか!?(←調べろよ…)
途中視聴者はそういうところ気付けないから辛いかも…

> モヂカラの解釈が段々自由になっていきますねえ…。

まぁ、モヂカラ自体が色々応用できそうな概念で作られている感じはします。
ある程度、幅を広げておけば「この設定と矛盾してるんじゃ?」という突っ込みを回避できますからね。


> 戦争を知っている年配者と、子どもだと全く戦争に対する考え方が違うのと一緒ですね。

もっと身近なことだと、
アルバイトをしている時、説明されてその時は納得できても本番になると失敗してしまう…
みたいなものだと思います。
で、「失敗」したから今度はそうならないように気をつけよう、と心構えができるから、失敗する確率も減ってくる…
これが「実感」することの違いだと思ってます。
というか、自分もよくバイトで説明されても、失敗することがあるので、余計そういったことが身に染みるというか……
ただ今回の話の規模の「実感」は桁が違いすぎるから、笑い事じゃ済まされないよなぁ、うん。

> とにかく、ホント、今週の感想は、「じい、今すぐセ○ムに電話だ!」ですな!

外道衆の襲来だけわかってもねぇ…やっぱりここは専門家(セ〇ム)に電話するっきゃないよな!(ん
2009.10.060259 Tue l ディメイズ. URL l 編集
セキュリティは自前?
ディメイズさん、こちらにもこんばんは。
志葉家のセキュリティ…やっぱり問題ですかねえ。
警備は外道衆に特化して、人間については侍たるもの十分対応可なんだろうと勝手に思ってました(苦笑)。
不審者対策は侍の修行の1つ…ってダメですか?

封印の文字は「文字」と「開封者」の両方が鍵なのかと思ってました。
「文字」を知っていることが第一条件で、榊原家の血を引くことがもう一つの条件なのかもしれませんよね。
いや、本当のところはわかりませんが(苦笑)。

錆びない裏正…!
ええ、あの錆止め加工はぜひぜひ私も知りたいです!
私の自転車もかなりきてますから(苦笑)。
2009.10.082009 Thu l 風水. URL l 編集
侍の負担が更に増加することに…
>風水さん

こちらにもコメントありがとうございます!

> 警備は外道衆に特化して、人間については侍たるもの十分対応可なんだろうと勝手に思ってました(苦笑)。
> 不審者対策は侍の修行の1つ…ってダメですか?

でもそうするとシンケンジャー五人の負担が…いやでも修行の一環なら不審者対策ぐらい出来ないと…
でもそうすると夜中でも神経を研ぎ澄ませていてストレス溜まりそう…
でもそれも修行の一環として…(エンドレスループ)

> 封印の文字は「文字」と「開封者」の両方が鍵なのかと思ってました。
> 「文字」を知っていることが第一条件で、榊原家の血を引くことがもう一つの条件なのかもしれませんよね。

あっ!そういえば見落としてました。面目ない…
確かにそれなら封印も簡単には解かれなさそう…
でも当の榊原家の人間が「封印解くぜ!」って意気込んでいたから結局はその封印も空中楼閣みたいなものだったのかもなぁ、むぅ。

> ええ、あの錆止め加工はぜひぜひ私も知りたいです!
> 私の自転車もかなりきてますから(苦笑)。

欲しいよね、あの錆止め…
髭ーー!!俺だーー!!錆止めわけてくれーーー!!!(オイ
2009.10.082251 Thu l ディメイズ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://earthwind0401.blog53.fc2.com/tb.php/90-3e264eba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 ~第三十二幕 「牛折神(うしおりがみ)」
2009.10.04 Sun l Happy☆Lucky
……うーんとね。 よくよく振り返ってみても書く事ないです(え)。 今回描かれているコトは全て後編に向けてのタネの段階なので、それが...
2009.10.06 Tue l 『真・南海大決戦』
遅ればせながら…牛折神編の前編です。どうやら折神の元祖で、手が付けられない暴れ牛らしい牛折神。これを狙うアクマロ、牛折神を封印した一族の末裔が登場。というわけで、ごく簡単に印象のみにて参ります。
2009.10.08 Thu l All's Right with the World!
シンケンジャーのところに、少年がやってくる。この少年は、牛オリガミの関係者みたいだ。ハッポウズに命令をくだす。そして、ジイは牛オリガミの資料を持ってくる。モジカラ発祥の地、砂笛の山のものによって作られた。オリガミの元祖。そして、牛オリガミを守っている一...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。